買取に有利な時期、避ける時期は?

家に価値があるものがあれば売るべき


自宅に売ることが出来るような毛皮ブランド品、骨董品があるような場合には、そのまま家においておくのも悪くはありませんが、売却してしまっても良いでしょうか。もし、それを使うことがなくずっと押し入れの中にしまっていたり、親の形見でなければ売却してしまった方が良いでしょう。 売却をする場合には、買取専門店にお願いをするのが良いでしょう。買取専門店によって価格が変わってくることがあります。例えば、ブランドもので、 10万円する位のバッグがあった場合、ブランド物はあまり扱っていない安い商品が中心の商品展開のお店よりも、ブランドを中心に扱っているお店の方が、高価買取を期待することができます。このように、買取店によっても価格が異なりますが、それと同じ位に異なるのは、買い取りの時期です。



保管場所や価格の変動で高く買い取りができない場合も


買取の時期は、どの商品を売却するかによって異なってきます。季節に関係ある商品とは、洋服などがこれにあたります。例えば、毛皮のコートです。毛皮のコートの場合は、ほぼ12月から3月の間にしか使用しません。その毛皮のコートを夏に売却しても、なかなか相場以上で買い取りをしてくれません。この点、お店の中においておき、冬になったら店頭に出せばいいという意見もあります。確かに大きな倉庫があるお店であればそのようなことができるかもしれません。 しかし、実際には倉庫を持っている業者も少ないのです。また、価値が変わることがあります。前の冬に5万円が相場だった毛皮のコートが、次の冬には3万円ぐらいの価値しかなくなっている可能性もあるのです。