買取は何点から?ブランドごとに分けたほうが良いの?

買取の方法によっては点数の制限や決まりごとがある場合も


ブランド品の買取りサービスを利用しようと考える時、まず最初に気になるのはその買取の方法です。 最近では買取サービスを行うお店での店頭買取のほか、お店から担当者が自宅まで来てくれる出張買取、宅配便などを利用して品物をお店に送って査定してもらう宅配買取など、さまざまな方法が用意されています。 しかし、店頭での買取以外は担当者が依頼主の家を訪問するための交通費や宅配便の費用などが掛かるため、出張買取や宅配便利用の買取りの場合は買取に出してもらう品数を何点以上と決めていたり、取り扱うブランドを限定していたりします。お店によってその制限はさまざまですが、一般的にはどのような制限や決まりごとがあるのかを知っておきましょう。



同じブランドはまとめておく方が査定しやすく、印象も良い


ブランド品を出張買取や宅配便利用の買取で買い取ってもらう際、その費用を補うためにお店側が提示してくるのは「依頼者側の送料負担」「5点以上の買取」「ニーズの高い指定ブランド品の買取」などです。 決まった数以上の買取なら宅配便の送料を負担してくれるといったお店も多いのですが、査定により買取ができない品物があった場合にはどのような取り扱いなるのかも確認しておく必要があります。 また、ブランドについてはお店の買取していブランドであれば、いろいろなブランドが入り混じっていても問題はありませんが、できればブランドごとにまとめておく方がお店側もまとめて査定しやすくなります。何よりきちんと分けられていた方がしっかり管理されていたという印象を受けますので、査定額がアップする要因になるかもしれませんね。